感謝した1日

もうすぐ夏休みが終わるので、ホッとしている受験生をもつ母です。

この夏休みに学校説明会や体験会など何校か同行してきました。 
我が子が希望する学校のひとつは、東京から68キロほど離れていました。

親子で緊張して参加していると、見覚えのある長身の男性が前を通りました。
えっ?会館を何度もご利用くださっているお客様では?

いや、他人のそら似かも?
恐る恐る近づいていき男性の様子を伺うと、あちらも、あれっ?というお顔!

ドラマのような偶然の出会いにそれはもう嬉しくなり「プラザエフの”ケイズ”です」と大きな声でご挨拶しました。
お客様のお子様も受験生で体験会に参加されていたとのこと。

「ここまでの道のりは遠かったですねー」から始まり、会館ご利用時にはお伺いできないようなプライベートな質問にも快くお話してくだいました。
そのお人柄とご縁に感謝した1日でした。
友好