『北ドイツ反原発ポスター展』のお知らせ

主婦会館1Fメインロビーでは、1970年代から30年以上にわたって反原発運動を展開しているドイツ北部、ウェンドランド(Wendland)地方にあるゴアレーベン(Gorleben)という村に移住したアーティストたちが作成したポスター展示を3月10日(木)から期間限定で行います。

この村では、1970年代に核のゴミがこの村に運ばれることになったことをきっかけに反原発運動がはじまり、現在まで続いています。この運動の記録を管理するために、地元のNGOが「ゴアレーベン・アーカイブ」(Gorleben Archiv)を立ち上げ、反原発運動の記録を保存、管理しています。

3.11の震災による福島第一原子力発電所事故は、ドイツの人々にも大変大きな衝撃を与えました。アーカイブの関係者は、原発事故を体験した日本の人々にも、この運動の輪を広げていってほしいと考えています。

主婦連合会/主婦会館では、アーカイブより貴重なポスター類の寄贈を受け、これを日本における「北ドイツ反原発アーカイブ」として大切に管理、保管し、今後資料の貸し出しなどの活動も展開していく予定です。

今回、ドイツ語の翻訳作業も完了しましたので、コレクションの約半数を公開展示いたします。是非ご覧ください。

■ 北ドイツ反原発ポスター展

会期 2016年3月10日(木)~2016年3月26日(土) 時間 午前9時半~午後7時 場所 主婦会館プラザエフ1階

kitadoitsu