四ツ谷観光

2b6524ac638aa0327c8429050c4e58e1_m
3月と言えば、”今年の桜の開花は何時か?”が話題になりますが、ここ四ツ谷ではこれに輪を掛けて赤坂迎賓館目当ての観光客が、四ツ谷駅赤坂口付近で朝からビジネスマンに混じって多数集まり、ツアーコンダクターの説明に聞き入っている風景がここ数年増えています。

四ツ谷に観光目当ての人々が集まるのは大歓迎ですが、迎賓館とは反対側、千代田区麹町近辺は知る人ぞ知る由緒ある観光スポット、その名も“番町文人通り”。
明治・大正・昭和にかけて数多くの作家や芸術家が住んでいた足跡を観光するのも一興ではないでしょうか。

例えば、作家では島崎藤村、泉鏡花、有島武郎、里見弴、菊池寛、直木三十五、与謝野晶子・寛夫妻など、画家の藤田嗣治、舞台の初代中村吉右衛門や市川歌右衛門など。
旧居跡地には、現在、当時の建築物はほとんど現存はしていませんが、平成の最後に年ということもあって、随所に設けられた案内板を読みながら旧き時代に浸るのもたまには良いかも知れません。
無題

詳細はこちらへ