今が旬のグリーンアスパラガス

さくら満開で暖かい日が続いてますね。
オーストラリアにいる姉貴に桜の写真をメールで送ったら、向こうはトイレットペーパー、ハンドソープ、肉、米、パスタが品薄でたいへんですわ、との返信がありました。そのうちに日本もそうなるのかと心配になったクビラです。

話は変わってアスパラガスの話し。
春から初夏にかけてが旬です。
ご存知の通り、アスパラガスには、ホワイトとグリーンがあり、ホワイトは日光に当てずにそだて、葉緑素が作られず白く育ちます。組織は柔軟に味はまろやかになります。
グリーンアスパラガスは1本当たり5キロカロリーと低カロリーながら、栄養が豊富です。うまみ成分としても機能するアスバラギン酸、βカロチン、葉酸、ルチンも多く含まれる。

購入するときは、穂先が締まり、切り口が白くてみずみずしく、緑色が鮮やか、ツヤのあるものが良い。
調理の際は、ルチンは水に溶けやすく、βカロチンは油と食べると吸収率があがるという、特徴があります。
茹でずに、蒸し、炒めにすると効率よく栄養がとれます。

美味しく召し上がれ。
ƒAƒXƒpƒ‰ƒKƒX01