宴会

社会人なら知っておきたい!
会社主催の宴会に参加する時のマナー

社会人になると、事業年度の終了後など節目ごとに職場主催の宴会に参加する機会が生まれます。その際、押さえておきたいマナーがいくつかあります。お互いが気持ち良くお酒の席を楽しむためにも、社会人としての宴会マナーはしっかりと理解しましょう。

席順のマナー

友人との宴会と職場が主催する宴会の大きな違いのひとつに「席順」があります。席順は宴会場のレイアウトによって異なるため、席順を覚えておくと良いでしょう。

代表的なものがテーブルに向かい合って座るケースです。この場合、出入り口から遠い側にある列中央の席に上役が座ります。そしてその対面の座席に、次の上役が座ります。幹事は出入り口から一番近い席、もしくは注文をしやすく全体の様子が見渡せる席に座りましょう。

また、円卓に座る場合は出入り口から一番遠い座席が上座、以降は上座から見て右側、左側の順で上座です。ただし上座から見て左側、右側の順で上座になる場合もあります。

乾杯時のマナー

乾杯の合図でグラスを合わせた時、上役よりも自分のグラスを高く持ち上げます。相手のグラスよりも低い位置、グラスの縁よりも少し下あたりを目安に自分のグラスを当てましょう。ただし、ワイングラスやシャンパングラスなど繊細なグラスの場合やフォーマルな場でグラスを当てるのはマナー違反とみなされる場合があります。その場合はグラスを上げてお互いに目を合わせる程度にします。

料理を取り分ける時のマナー

サラダなどのように大皿でテーブルに運ばれてきた料理は、「取り分けます」とひと言申し出てから取り分け用の箸、トングを使って小皿に分けましょう。

お酌をする時のマナー

グラスが空になっている人に気付いたら「お代わりはいかがですか?」と声をかけてお酌をしましょう。その際、片手でビールの瓶を持ちもう片方の手で注ぎ口に手を添えて持ちましょうです。ビールのラベルは上に向けて手で隠さないように気をつけましょう。

お酌をされる時のマナー

お酌をされる際は、片手でグラスを差し出すのではなくもう片方の手を底に添えて両手でお酌を受けましょう。

また、日本酒などの場合は片手で持ってもう片方の手を添えましょう。お酌をしてもらったらひと口飲んでからテーブルにおきましょう。ワイングラスは、持ち上げずにテーブルの上に置いたままお酌が終わるまで待ちます。

お酒が飲めない人やこれ以上飲めない時の断り方

上司、先輩からお酒を勧められたものの、体質的に飲めない、これ以上は飲めない…という場合は無理をする必要はありません。「体調が優れないので」、「お酒に弱い体質なので」などと丁重にお断りしましょう。

遅れる場合と、途中で帰る時のマナー

宴会に遅刻、宴会途中での退席をすることが事前に分かっている場合はできるだけ早い内に幹事に申し出ましょう。仕事の都合などでやむを得ず遅れてしまう時は、状況が変わった時点で幹事に連絡を入れるのがマナーです。

遅れて宴会場に到着した場合は、席に着く前にほかの参加者へ遅刻したことを軽くお詫びしましょう。宴会途中で帰る場合も同じくひとこと挨拶をして退席します。

宴会翌日のマナー

宴会の翌日は出勤したらすぐに上司、先輩のところへお礼に行きましょう。また飲み過ぎ、食べ過ぎなど宴会が理由で仕事に遅刻する、欠勤することがないように注意しましょう。

宴会への参加を断る時のマナー

会社主催の宴会はできるだけ参加するのが理想的ですが、やむを得ず欠席する時は誘われたらすぐに断るのではなく一旦保留にしてからその日のうちにお断りの返事をしましょう。その際は「残念なのですが」、「申し訳ないのですが」といった言葉を添えた上で簡潔に理由を説明しましょう。

そして最後に「お誘いいただきありがとうございました」という言葉を付け加えれば、相手に嫌な印象を与えることはないでしょう。

プラザエフでは会議後に宴会も開催可能です。職場主催の宴会を開く際はプラザエフをご利用ください。