会議

どう配置する?
会議室のレイアウトのご紹介

会議室を利用する場合は料金や収容人数、設備、立地といった細かな条件以外に、会場内のレイアウトについても事前に確認をしましょう。

会議の種類や目的、参加者に合わせて適切なレイアウトを選択することが大切です。会場内のレイアウトにはいくつかの種類があるので、まずはそれぞれの特徴を理解しておくことをおすすめします。

講演会、セミナー、勉強会など(スクール形式)

講演会やセミナー、勉強会などのように、1人が複数の参加者に対して講義や授業などを行う場合は「スクール形式」と呼ばれるレイアウトが適しています。これは、すべての机と椅子が演台の方を向いているレイアウトです。学校の教室をイメージすると分かりやすいでしょう。

スクール形式には、話をする方が参加者一人ひとりの表情を確認しながら会議を進行できるというメリットがあります。参加者も、自然な姿勢で話を聞きながらメモをとれるでしょう。研修や資格試験などでも、このレイアウトが用いられるケースがあります。

理事会、幹事会など(ロの字形式)

理事会や幹事会など、意見交換を交える会議では「ロの字形式」が多く用いられます。「ロの字形式」というのは、長机をカタカナの「ロ」の形に並べてその周りに椅子を配置するレイアウトのことです。

参加者同士が適度な距離感を持って座れます。

ディスカッション、部門会議など(コの字形式)

机をカタカナの「コ」の形に並べ、その周りに椅子を並べるレイアウトを「コの字形式」と呼びます。ディスカッションが必要な会議や部門会議などで使われることが多いレイアウトです。

「コの字形式」は、参加者同士が顔を合わせられる「ロの字形式」のメリット、プロジェクターやホワイトボードが見やすい「スクール形式」のメリットを兼ね備えています。

内定式、入社式など(シアター形式)

内定式や入社式をはじめ演奏会など、筆記を伴わないイベントに向いているのが「シアター形式」と呼ばれるレイアウトです。使用するのは椅子だけで、演台の方を向いて配置します。
机を使わないことで一人当たりのスペースを減らせるため、スクール形式よりもたくさんの参加者を会議室に収容できます。

意見交換会、ワークショップなど(島形式)

意見交換会やワークショップなど、グループごとに議論や作業をする場合は「島形式」というレイアウトが向いています。これは「アイランド形式」とも呼ばれ、少人数の座席と机の組み合わせを会議室内に複数置くレイアウトです。
ひとつのグループには3~6人程度が割り振られるため、少人数で話し合うイベントに適しているでしょう。

商談など(対面形式)

商談、契約の締結時など、改まった場にふさわしいのが「対面形式」と呼ばれるレイアウトです。ひとつの机をはさんで向かい合って座るレイアウトです。懇親会など宴会で用いられることもあります。

参加者数が多い場合は、両端に座る方達の顔が見えなくなってしまうため、少人数でディスカッションを行う会議に向いているでしょう。

披露宴、結婚式二次会など(正餐形式)

披露宴や結婚式二次会などで用いられるのが「正餐形式(せいさんけいしき)」というレイアウトです。円卓と座席の組み合わせを会場内に複数設置します。

参加者が少人数ごとのグループに分かれてひとつのテーブルを囲むことから、親睦を深めやすいというメリットがあります。

会議室を利用する際は、基本的にどのようなレイアウトでも、施設側と事前にしっかり打ち合わせ、希望を伝えましょう。プラザエフではお客様が事前にイメージしやすいように、ご要望に応じたレイアウトをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。