会議

プレゼンター必見!
聞き手を惹きつける上手な話し方

今やビジネスの現場において、プレゼンテーション(プレゼン)は必須のスキルと言えるかもしれません。その一方で、プレゼンに対して苦手意識を持っている人は少なくありません。仕事で求められるさまざまなプレゼンの場で、説得力を持って聞き手を惹きつけるためには、あらかじめ話し方のコツをしっかりと身につけておくことが大切です。

聞き手を惹きつける話し方のポイント

プレゼンでは、「話す力」があるかどうかによって聞き手の関心度が大きく変わってきます。実際にプレゼンする場合、どのような部分に気をつけると良いのでしょうか。

アイスブレイクを取り入れる

話し手の言葉がスムーズに入っていくためには、聞き手がリラックスしていることが大切です。プレゼンで本題に移る前に、軽くアイスブレイクを取り入れることで、聞き手の緊張をほぐしましょう。

身近で起きた面白い話や自分自身の話など、聞いている人が笑顔になるような話題を取り入れることで、聞き手を自分のペースに引き込めるでしょう。

分かりやすい言葉を選ぶ

当たり前のようで、実は難しいのがこの部分です。何とかして自分の意見を伝えようと思うあまり、言葉が多くなってしまうことがあります。しかし、聞き手の集中力は長く続かないため、多くの情報を一度に発信しても頭に入りきらないことも。
そのため、プレゼンの場では「できるだけ分かりやすい言葉で、簡潔に伝える」ように意識することが大切です。聞き手の知識、レベルに応じて言葉を選ぶということも忘れないようにしましょう。専門用語はできるだけ使わず、使う場合も補足するか具体例を出して認識に相違がないようにしましょう。

抑揚をつけて話す

最初から最後まで聞き手の注意を惹きつけておくためには、話すスピードや声の大きさを上手にコントロールすることが大切です。重要な箇所は、できるだけゆっくりと大きな声で話しましょう。抑揚をつけて話すだけで、聞き手は飽きずに話を聞けるはずです。

ジェスチャーを加える

話をするときに、積極的にジェスチャーを取り入れましょう。身振り手振りを加えて話をすることで、重要な箇所を強調できます。

聞き手を見て話す

プレゼンをする際は、聞き手一人ひとりとアイコンタクトをとるようにしましょう。話し手と目が合うと、聞き手は自分に語りかけられていると感じるため、集中して話を聞くようになります。ただし、一人をじっと見つめすぎてしまうと、反対に居心地の悪さを感じさせてしまうので注意しましょう。

話し方が上手なだけではプレゼンは成功しない

魅力的なプレゼンには「話す力」が欠かせませんが、話し方が上手なだけではプレゼンを成功させることは難しいかもしれません。より効果的に聞き手の注意を集めるためには、プロジェクターを使用して画像や映像を見せることにより、視覚的にイメージできるようにするなどの工夫も必要です。

聞き手を惹きつけるようなプレゼンをするためには、話す力を身につけること、視覚的にイメージしやすくすることが大切です。
プラザエフでは、プレゼンをする際に欠かせないプロジェクターやスクリーン、マイクなどの機材の貸し出しを行っております。会議室をお探しの際は、お気軽にお問い合わせください。プラザエフでは、プロジェクターやスクリーン、マイクなどプレゼンをする際に欠かせない機材の貸し出しを行っております。

728×90-2