会議

初めてのセミナー!
成功させるための企画のポイント

セミナーにはさまざまな種類があります。初めてセミナーを開催する場合、何から手をつけて良いのか分からない方も多いと思いますが、参加者の募集や会場の手配など、開催までの運営手順はどのようなスタイルのセミナーでもそれほど大きな違いはありません。セミナー運営の基本的なポイントをしっかりと理解した上で、早めに準備をしましょう。

セミナー企画のポイント

セミナーを企画する際に意識したい大切なポイントは以下のとおりです。

セミナーの目的を明確にする

最も大切なのが、セミナーを開催する「目的」です。新規顧客獲得、顧客満足度アップ、人材採用など、セミナーを開催する目的を明確にすることで、セミナーの目標や内容、誰を対象にするのかという方向性を決めやすくなります。

ターゲットを明確にする

セミナーの目的が決まったら、それに応じて誰をターゲットにするのかを明確にしましょう。たとえば、顧客満足度アップを目的とした場合は既存の顧客となり、人材採用を目的とした場合は転職希望者がターゲットになるといった形になります。

ターゲットに対してどんな情報を提供できるかを考える

設定したターゲットはどのような課題、問題点を感じているのか、また、どういった情報を提供するセミナーであれば参加したいと思うのか、ターゲットの目線に立った企画にすることが集客につながります。

広報手段を検討する

セミナーの具体的な内容が決まったら、どのようにして参加者を募るのか広報手段を考えましょう。FacebookやTwitterなどSNSでの告知、メールや案内状の送付など、ターゲットに応じて方法を選びます。

セミナーを成功させるために必要な準備

実際にセミナーを開催する場合、どのような準備が必要になるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

適切な規模、集客の目標数を明確にする

セミナーの目的やターゲットなどに応じて、会場の規模や集客の目標数を決めておきましょう。セミナーが終わった後は、目標数値と実績数値を比較して次回以降のセミナーに活かしましょう。

集客しやすい場所、会場の選定

セミナーの目的やターゲット、開催時期が決定したら、それに合わせて会場を探しましょう。参加者にとっての利便性を考慮し、駅からのアクセスの良さを条件のひとつにするのがポイントです。

対象者の確定

「○名限定」や「抽選」、「先着○名」など、参加者をどのようにして確定するのを決めましょう。

適当な料金設定をする

セミナーの目的が新規顧客獲得や採用などの場合は参加費無料で行うのが一般的ですが、セミナーで利益を出す場合は参加費を設定することがあります。参加費は会場使用料や準備物にかかる費用、集客にかかる費用などに応じて調整しましょう。

昼食の用意

終日開催のセミナーの場合は、昼食時間を自由行動にするか、昼食を手配するかの選択が必要です。昼食を手配する場合、お弁当や軽食を発注できる会場だと便利です。自分達で手配する場合は、会場に飲食物の持ち込みが可能かを事前に確認しましょう。

必要な備品を用意できるか(プロジェクターなど)の確認

プロジェクターやホワイトボード、ICレコーダーなどセミナーで使用する備品をリストアップして、会場に備わっているものと主催者側で準備すべきものを明確にします。

その他費用について

講師を招く場合は講師料やお車代などが必要になります。会場使用料や準備にかかる費用、宣伝費用以外にも必要な費用を事前に確認しましょう。

事前の準備段階における内容の良し悪しが、セミナー成功確率を上下させると言われることがあります。セミナーの開催をご検討の場合は、プラザエフまでお気軽にご相談ください。
728×90-2