会議

セミナーの成功を左右する!
開催日程と時間帯の考え方

セミナーの開催日程と時間帯は集客に影響する大切な部分です。誰をターゲットとするかによって適した開催日程と時間帯は異なりますので、セミナーを成功させるためにも、参加者が集まりやすい日と集まりにくい日を事前にしっかりと把握しましょう。

セミナーを開催する日程、時間帯を意識する重要性

セミナーの開催日程と時間帯は、集客を左右する大切な要素です。1~2時間程度のセミナーでも何時開催にするかで申し込み数は違ってきます。セミナーの内容によっては終日開催されるものもあり、時間に余裕がある方でなければ参加が難しくなってしまいます。

年度末や年度始めである3月下旬~4月上旬など繁忙期、ゴールデンウィークやお盆休みなどプライベートの予定が入りやすい時期は、あまり集客が見込めないかもしれません。ターゲットに応じた日程や時間帯を意識して、効率的に多くの参加者を集めましょう。

セミナーの開催日程と時間帯の考え方

開催の目的や誰を対象に行うのかなど、セミナーの方向性が明確になったら、参加者のライフスタイルに合わせて開催日程と時間帯を決めていきます。

会社員の傾向

週のはじまりである月曜日は社内会議などが入ることが多く、また金曜日は土日を前に処理する仕事が増えるため都合がつきにくいので避けた方が良いでしょう。

また、日曜日は翌日からの仕事に備えて家でゆっくりしたいと考える方も多いため、あまり集客が見込めないことがあります。その点を考慮すると、平日なら火曜日、水曜日、木曜日の夜、週末なら土曜日の昼~夜が開催に適していると言えるでしょう。

主婦の傾向

主婦をターゲットとしたセミナーを開催する場合は、月曜日~金曜日の10~15時ごろに設定すると良いでしょう。家族が学校や仕事に行っているため動きやすく、また食事の用意で忙しい夕方前に帰宅できるという時間帯のため、開催に適しています。

学生の傾向

学生の場合、学校の授業を考慮すると必然的に土曜日もしくは日曜日の開催となるでしょう。冬休みや夏休みのような長期休暇中は時間の都合がつきやすい一方で、帰省やプライベートの予定などで集客率が低くなります。どうしても平日に開催する場合は、夜の時間帯に設定する方が良いでしょう。

シニアの傾向

シニアを対象としたセミナーを開催する場合は、人混みを避けたい、午後は家でゆっくりしたいといった方もいるので夜の遅い時間帯はあまりおすすめできません。退職者をターゲットとしたセミナーを開催する際は、午後からゆっくりできて帰宅ラッシュにもならない、月曜日~金曜日の午前中から正午あたりの比較的早い時間帯が良いでしょう。

長時間のセミナーになる場合は、飲物やお弁当の提供をする方が良いでしょう。プラザエフでは、飲物やお弁当の提供が可能ですので、セミナーを開催する際はプラザエフを利用してみてはいかがでしょうか。
728×90-2