会議

セミナーを開催しよう!
集客はどうすればいいの?

セミナーを開催する際に主催者の頭を悩ませる「どのようにして集客するか」という問題。セミナーを企画するからには参加者数も目標になるでしょう。参加者数の目標を達成しセミナーを成功させるため、集客のコツを事前にしっかり理解しましょう。

セミナーへの集客で意識すべきポイント

セミナーの参加者が目標数に達しないのは、何かしらの原因があるはずです。まずは集客の際に意識すべきポイントを見直しましょう。

セミナーの目的を明確に(集客すること自体が目的にならないようにする)

新規顧客獲得、既存顧客への新商品紹介、新しい人材の確保などセミナーを開催する目的を明確にします。このとき、集客すること自体が目的になってしまわないように気をつけましょう。
目的がはっきりすれば、なぜそのセミナーに参加して欲しいのか、参加することでどのようなメリットがあるのかを効果的に参加者へアピールできます。

ターゲットに合わせた集客方法を行う

まず、どのようなターゲットにセミナーへ参加して欲しいのかを明確にしましょう。その上で年齢、性別などターゲットの層に応じて適切な集客方法を考えます。

たとえば、近年効果的な集客方法として活用されているFacebook、TwitterなどのSNSは、パソコン、スマートフォンを利用する若い世代に対して有効です。パソコン、スマートフォンをあまり利用しないシニア世代が対象のセミナーの場合は、SNS以外の集客方法を考えることが大切でしょう。

セミナーのテーマ、説明は分かりやすい内容にする

セミナーの参加者を増やすためには、できるだけ多くの方にその魅力を伝えて「参加したい」と思ってもらうことが大切です。セミナーのテーマ、説明は分かりやすい内容に仕上げましょう。
セミナーに参加することでどのようなメリットがあるのか、参加者ができるだけ具体的にセミナー内容を理解できるのが理想的です。

利便性の良い会場を選ぶ(駅から近く分かりやすい会場を選ぶことが重要)

セミナー会場の利便性は集客に影響を与える要素の一つです。土地勘のない方でも分かるように、会場の最寄り駅が東京駅や新宿駅などの主要駅からアクセスが良く、駅からも近く分かりやすい会場を選ぶようにしましょう。

セミナーの集客方法

実際にセミナーの集客をする場合、どのような集客方法を取り入れるのが効果的なのでしょうか。以下で詳しくチェックしましょう。

SNSを使って宣伝する

Facebook、TwitterなどのSNSを利用した宣伝は、パソコン、スマートフォンを利用する世代を対象としたセミナーで効果的です。事前に申し込み専用のページを作り、SNSにそのリンクを張って紹介すると良いでしょう。また、Facebookのイベントページを作成して参加者を募る方法もおすすめです。

セミナー紹介サイトへ登録

さまざまなセミナーの情報を掲載している紹介サイトに登録して告知するのも集客方法の一つです。ただし、紹介サイトは多数あるため集客できるサイトを見極めることが大切です。具体的には、同種のセミナーが多数掲載されていて更新頻度が高いか、集客効果のありそうな検索キーワードで検索エンジン上位にいるかなどを参考にします。

過去の参加者リストを整理し、ダイレクトメールを送る

過去に同様のセミナーを開催した場合は、その参加者リストを活用してダイレクトメールなどを送るのもおすすめです。

著名人などをゲストに呼ぶ

著名人などをゲストに呼ぶ方法もあります。その場合は、講演料などの費用が別途必要になるため、どれくらいの費用対効果が期待できるのかを検討しましょう。

他社と共同開催を行う

はじめてセミナーを企画するにあたりどうしても集客力に不安が残る場合は、すでに何度もセミナーを開催した経験を持ち、集客力のある会社と共同開催を行うのも方法の一つです。
ただし、参加者に対するセミナー後の営業や個人情報の扱いについてどうするかは、共催相手と事前に認識を合わせておきましょう。

プラザエフはJR四ツ谷駅から徒歩1分の立地にあり、東京駅や新宿駅からJR中央線を使って約10分でお越しになれます。セミナーを開催される際は、プラザエフをどうぞご利用ください。
728×90-2