会議

初めてのオンラインセミナー開催!
なにをすれば良い?

オンラインセミナーを開催する目的はさまざまですが、当日までの準備というのはどのようなセミナーでも基本的に変わりません。しかし、セミナー開催が初めての場合は準備の手順が分からずに慌ててしまうものです。ライブ配信を成功させるためにも、目的に合わせたサービスの選択をしましょう。

「ライブ配信」とは?

オンデマンド配信のようにもともと作成しておいた動画ファイルを配信するのではなく、撮影している映像をリアルタイムにユーザーへ配信するのがライブ配信です。TVの生中継のようなもので、直接イベント会場などへ行かなくても、インターネット回線を利用してPCやスマートフォンなどで会場の模様を視聴することが可能です。

ライブ配信に必要なものは?

開催の目的や誰を対象に行うのかなど、オンラインセミナーの方向性が明確になりましたら、必要な機材を準備していきましょう。

入力機器

ビデオカメラやパワーポイントなどの資料用のPC、配信用PC等です。

映像スイッチャー

入力機器が2つ以上の場合に、映像切り替えに使用します。

エンコーダー

映像をネットに配信する機器です。

キャプチャーデバイス

映像をPCに取り込む機器です。

音響機器

マイクの音声をPCに取り込む機器です。

エンべデッター

映像にマイクの音声を合成する機器です。

配信閲覧デバイス

配信が正常に行われているか、視聴者ページを表示して確認するためのPCブラウザや携帯アプリ等です。

各種ケーブル

HDMIケーブル、LANケーブル、マイクケーブル、USBケーブル等、PCやビデオカメラなど接続用に使用します。

配信プラットフォームの無料サービスと有料サービスの違いは?

ライブ配信を行う場合、まず目的に合わせたサービスの選択が重要となります。無料動画配信サービスで手軽に始めることもできますが、用途や内容によっては有料動画配信サービスを利用した方が良い場合もあります。
違いを比較し、それぞれのメリット・デメリットを把握した上でサービスを選択してください。

選ぶポイント

無料サービスは「手軽さ・拡散性・SEOに強い」といったメリットがあり、コストをかけずに、より多くの人に動画コンテンツの共有することができます。ただし「セキュリティの担保や公開後のコントロールが難しい」などといったデメリットがありますので、取扱いの注意が必要な動画の配信には不向きです。
一方、有料サービスは「セキュリティ管理・カスタマイズ性・サポート」が充実しており、拡散性よりもセキュリティを高めたい場合など、クローズドな環境での配信に向いています。

「オープン配信」と「クローズド配信」とは?

ライブ配信は「誰に対して配信するのか」を選択する必要があります。
参加者を選別せずに誰でも視聴できる「オープン配信」と、参加用にパスワードやURLなどを配布して特定の人だけに配信する「クローズド配信」があります。
大きく2つの公開方法がありますので、予めご確認ください。

はじめてのオンラインセミナーの開催。不安なことがたくさんあると思います。プラザエフでは、プロのカメラマンやオペレータをご用意しておりますので、オンラインセミナーを開催する際はプラザエフを利用してみてはいかがでしょうか。